運転中に急に襲ってくる眠気、どうする?

運転中、眠気に負けそうになったときの対処法を紹介します。 一番いいのは、眠くなったらすぐに車を停めて寝ることですが、状況によってはそうはいかないでしょう。

1・ガムなどを噛む 眠気対策のガムは多く市販されています。高速道路の売店には必ずといっておいてあります。ガムのほかにも堅いものを噛むと脳が刺激されて効果があるようです。 夜行高速バスの運転士さん達に人気なのは堅いスルメです。

2・冬場ならば暖房を切って窓を開け新鮮な空気を車内に取り込みます。体が温かいと眠くなりやすいので冷たい外気は効果が期待できます。

3・歌を歌う うまい下手は別として自分の好きな歌を大きな声で歌うのは、大きな効果があるようです。そのような研究結果も発表されています。

4・体を動かす 運転しながらなので体全体を使った体操は出来ませんが、動かせる範囲で背伸びや肩回し、首回し、手のひらを力を入れながら開いたり閉じたりします。ハンドル操作に影響が出ないようご注意ください。

5・刺激を与える 太ももをつねる。自分でカオをぴしゃりと叩く

6・会話をする 何でもいいので誰かとしゃべると眠気も遠のきます。

7・冷たい水を飲む。一気に飲むよりも少しずつ何回にも分けて飲むことも効果的です。