突然の雪で自動車が走行不能になる前に、チェーンの確保

冬季の運転では、その気象に対して備えを行う必要があります。高速道路などで、長距離を移動しているとき、突然天候が悪化し、運転が困難になる場合があります。特に北日本や、山岳地などでは急な積雪に充分注意しなければなりません。
ふだんスノータイヤを使用することがない地域に住んでいる人にとって、こういった環境での運転は非常に難しいものとなります。
また、こうした状況で備えの無いまま無理に自動車を動かすことは非常に危険で、自分だけではなく、周囲の他の車両をも巻き込んで大事故へと繋がる危険性もあります。
こういった時、チェーンを常備しておくことは非常に有効な手段です。よほどひどい状況でなければ、走行不能の状態を回避することができます。
装着も非常に簡単にできるようになっており、必要が無い状況になれば、取り外しも手軽に行うことができます。
普通、自動車の2輪のみに装着し、駆動輪のタイヤに取り付けを行います。使用する際には、天候が怪しくなったと思ったら、走行不能になる前に早めに装着をすることが大切です。
高速道路上などであれば、路肩などは危険性が高いため、サービスエリアや、路肩に設置してある専用の安全なスペースで行わなければなりません。