路肩に停めたら、ガードレールの外でJAFを待つ

もしも、高速道路で事故などで走行不能になったら路肩に停めたて、ガードレールの外でJAFを待つようにしましょう。高速道路はとにかく車が猛スピードで走りすぎていきます。特に夜になれば視界が狭くなり車が止まっているのを発見が遅れればその車に突っ込んでくる恐れもあります。そうなると第2の事故を招く危険性があります。そんな時に車の近くにいたら当然事故に巻き込まれて大怪我や最悪のケースでは死に至る恐れもあります。そうならないように必ずガードレールの外で待機をするように心がけなければなりません。高速道路で事故にあうと一般道とは違いそういった他の危険性を考えることが大事になってきます。特に事故後はパニックになっていて冷静な判断が出来なくなることが多いです。その為事故車両の近くをうろついたりします。他の車にわかるように発炎筒や表示灯などを見せていれば気がついて避けてくれるのでしょうが、そういったことをしていなければ後方から来る車両から追突される恐れは消えません。そう考えると一番の安全地帯は車両から離れてガードレールで待機をしてJAFなどのロードサービスで助けてもらったり警察や機動隊に助けていただく方が得策でしょう。
テクスチャー13