パンクを疑い、安全なところで点検を

自動車で走行中、突然ハンドルが取られたりぶれたりして操作がやりにくくなったと感じたらパンクを疑うようにしましょう。
まずはハザードランプを点灯させて、自動車の速度をゆっくり落としていきます。
この時急なアクセル操作をしたり、急にブレーキを掛けたりするとスリップしたりスピンしてしまう可能性があるのでアクセルはゆっくりと放して、ブレーキをゆっくりと少しずつかけるようにしてください。
適当な路肩を見つけたら、すみやかにそこに停車するようにしてください。
停車したあとは、後続車を確認し、後続車がいなくなってから外に出るようにしてください。
自動車から降りたらすみやかにタイヤを点検するようにしましょう。
この状態でじっくりとタイヤを点検する必要はありません。
空気が抜けている場合はタイヤが潰れてしまっているのでひと目で分かります。
タイヤが潰れているのを確認したら、保険会社のロードサービスやJAFなどを呼んで修理をしてもらうようにしましょう。
もし、自分でスペアタイヤと交換して最寄りの自動車工場へ行く場合は、十分な路肩が必要になります。
近くに十分なスペースの路肩がある場合は、そこでタイヤの交換が可能です。
しかしながら路肩に十分なスペースがない場合には自分での交換は避けるようにしましょう。