高速道路で走行不能になったら

車を走行させている最中に、いきなり車が故障して走行不能となることがあります。どの車にも可能性としては持ち合わせておりますので、特にドライバーは注意が必要です。それがましてや高速道路の場合であれば尚更それは危険度が増す事につながります。一歩間違えれば死亡事故にもつながりかねない状況ですので、一刻も早く対応を取ることがドライバーに求められるのです。
そのような状況になった場合には、まずは落ち着いて打力走行を利用して道路の左端に止めます。これはできるだけ左端に寄って下さい。とにかく後ろから来る車との衝突だけは避けなければならないからです。それができましたら、この車が故障車であるということを後続車に対して知らせる必要があります。トランクなどから停止表示器財を取り出して組み立て、道路上に設置します。その際にその組み立てをしている最中、または設置しようと道路を歩いている最中に、後続車に跳ねられて死亡するケースもあります。組み立ては道路外にて、そして発煙筒を焚くといったような方法を採って下さい。それができたら丘の上等の道路外での安全な場所に避難しましょう。
しかしながら実際には走行不能になった段階で頭が真っ白になってしまうものです。日頃からイメージトレーニングが必要となるのです。