車は非常に便利なものです。 便利さゆえに、危険な乗り物であるという事を殆どの人が忘れているのです。 狭い道路を危険な車が、スピードを出して走れば、事故が起きるのは当たり前のことです。 防ぐ方法は、1)車の整備を保つ2)厳しく取り締まる3)安全運転を心がける等様々な方法があるかと思いますが、それぞれの方法について検証していきたいと思います。 1)車の整備を保つ、車が安全に走行する為には、車が整備されていなければなりません。その為には車検・定期点検をして、日頃から、車が安全走行できるよう点検整備する必要があります。 2)厳しく取り締まる、車が安全運転出来るようにする為に、法律があります。安全運転からはずれた危険運転は運転手だけでなく、他の車両をも巻き込んでしまいます。その為に、道路交通法を守るよう取り締まりがされているのです。 3)安全運転に心がける、車の整備を心がける、厳しく取り締まるだけでは、安全走行はまだまだ期待できません、車を安全に運転することは、お互いの信頼関係により維持できるのです。 トラブルを未然に防ぐには、日頃からの交通安全に対する教育が必要です。 車を運転することは大事でありますが、危険運転をしない・他社に対する思いやりのある運転をすることはもっと大事な事なのです。

 テクスチャー11